今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

シンプルライフ思考

何を優先したらいいか迷った時。シンプルに考える

独身の時は自分のことだけ考えていればよく、物事はシンプルでした。 結婚してパートナーができ、子供が生まれると・・・ 「自分が良ければそれでいい」 という訳にはいかなくなります。 パートナーのことや、子供たちのことを含めた答えを出さなければなり…

自宅に戻って。モノが少ないとほっとします

ようやく自宅に戻りました。 たった4日間家を空けただけですが、懐かしいような気がします。 泊まりで出かけた後、自宅に戻るとホッとします。 「やっぱりモノが少ないっていいな」 と思います。 自宅ではない場所で、普段見慣れないものを見て何日か過ごす…

2020年。新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 昨年はブログを始め、アウトプットすることに一歩を踏み出した一年でした。 今年はどんな一年にしたいか考えたとき・・・ 「やりたいことをやる」という、シンプルな答えに。 …

心がざわざわした時にすること。

最近子供の学校のことで、立て続けにいろいろなことが起こり、心がざわざわしていました。 年末でいろいろやらなくてはいけないのに、何もする気が起きません。 他の人に言われた一言が、心に引っかかっています。 自分の育児に、自信がなくなっていました。…

「誰かと一緒」をやめる。『大人になってやめたこと』を読んで(3)

子どもたちがまだ小さくて、自分の時間なんてなかった頃。 子どもたちがお昼寝している時間だけが、唯一ほっとできるひとときでした。 お昼寝している間、インテリア雑誌を眺めるのが楽しみだった私。 いつかこんな照明が欲しいな。こんな家具、素敵だな。 …

「もっともっと」をやめて、すでに持っているものを使う。『大人になってやめたこと』を読んで(2)

自分より、一歩先を行く人の話を聞けるというのは、本当にありがたい。 そんなふうに感じる本でしたので、昨日の続きです。 www.s-simplelife.com 『大人になってやめたこと』(一田憲子著)をご紹介しますね。 「もっともっと」をやめる 「いつになったら、…

やることを減らして、8割の力で暮らす。『大人になってやめたこと』読んで

『大人になってやめたこと』(一田憲子著)を読みました。 本には、2種類あると思います。 一つは、自分が全く知らなかった、新しい考えや事実を教えてくれる本。 もう一つは、自分の中にある、言葉にならない考えや思っていることを、言葉にしてくれるよう…

家は、家族が帰ってきてリラックスできる場所

自分たちが住む家は、物に支配されたくないなぁと思っています。 そのために、定期的にいらないものをチェックしたり、物を持ちすぎないようにしたり、掃除したりしています。 いま一番家に求めていることは、「家族がリラックスできる場所」であるというこ…

持ち家は持たず、賃貸住宅で暮らしています。その理由とは?

わが家は、40代半ばの夫婦と子ども二人(小3、小1)の家族です。 周りの子どものお友達は、持ち家の人が多いですが・・・ わが家では、あえて家は持たずに、賃貸住宅(築28年の団地)の暮らしをしています。 その理由は・・・ 「お金も、住む場所も、スペ…

物をもつということは、管理する手間や時間が必要ということ

持っているものを減らすと、空間もすっきりしますが、気持ちもすっきりします。 最近思うのは、物を持つということは、管理する手間や時間が必要だということ。 そのことに気づいてから、持つもの・持たないものを意識的に選ぶようになりました。 ものを持つ…

一日の最後にすること。「今日楽しかったこと」を話す

「おやすみなさーい」 夜子どもたちが寝る前、布団をひいてほっと一息。 最後の仕事は、子供たちが選んだ絵本を一冊読むことです。 絵本を読み終わって、電気を消す時。 「今日良かったこと」を一人ずつ聞くようにしています。 一日の最後は「楽しかったこと…

『ナリワイをつくる-人生を盗まれない働き方』を読んで。これからの働き方、暮らし方のヒントに

これからの暮らし方、働き方のヒントになる本を読みました。 「今の働き方、暮らし方になんとなく違和感を感じている。」 そんな方に読んでいただきたい本です。 個人レベルではじめられて、自分の時間と健康をマネーと交換するのではなく、やればやるほど頭…

母からもらったスカートを手放す

母が亡くなったのは8年半前。長男が産まれて、間もなくのことでした。 その母からもらった、巻きスカート。思い切って手放しました。 思い出があって、痛んでいない洋服を手放すのは難しい 母は結婚するまで、都心のデパートに勤めていて、その時に買った洋…

ものを減らして、効果を一番感じられる場所は?

ものを減らして、その効果を一番感じられる場所。 わたしの場合、それは「キッチン」でした。 キッチンは、毎日必ず使う場所ですよね。 多い時は、1日3回食事を作ります。 1日に何度も物を出し入れして、使うたびに油汚れや、水が飛び散ります。 そのたびに…

片づかない家の、一番の原因は?

「部屋が片付かない」「物がごちゃごちゃして、落ち着かない」 そんな風に悩んでいる方がいたら、まずは「使っていないもの」を手放してみてください、とお伝えしたいです。 「ものの数を減らす」ことで、簡単に部屋が片づけられるようになります。 片づかな…

物を減らして良かったこと

引越しをした4年ぐらい前から、意識して物を減らすようにしてきました。 家具もいくつか処分して、子供が生まれる前よりも少なくなったくらいです。 子供が生まれると、成長とともに必要なものがどんどん変わります。 ときどき持っているものを見直して、不…

「他の人と比べなくていいんだよ」子どもががっかりしている時の伝え方。

数日前の話。 「ただいま~」 子ども達が帰ってきました。 娘(小1)は、なんだかイライラしているようす。 「疲れてるのかな」と思いました。 少しして、娘が私の所にきました。 「お母さんあのね、今日いやなことがあったんだよ」 「どうしたの?」 話を…

ボールペンは、書きやすいものを一本だけ。数が少ない方が、使いやすい

ボールペンは景品でもらったり、出かけた先でコンビニで買ったり・・・ 知らない間にどんどん増えていきますよね。 でも数が多いと、使いたいボールペンを探すのが大変だったり、インクが切れたボールペンが混じっていたり。 使いたいときに、使いたいボール…

「辞める」という選択。パートの仕事を手放しました

9月に入り、パートの仕事を辞めました。半年ぐらい前から考え、決めたことです。 元々仕事を始めたきっかけは、お金のためではなく・・・ 知り合いがいない場所で、子供を出産。育てている中で、孤独を感じることがありました。子どもが二人とも幼稚園に行く…

大事なのは、人とのつながり。待っていてくれる人がいる幸せを感じた週末

週末、夫の実家に家族で帰っていました。 私の母は、息子が生まれてすぐに亡くなり、その3年後に父も亡くなりました。 子どもが生まれてからすぐに両親が亡くなったので、自分の実家で、子供と一緒に両親と過ごした経験がほとんどありません。 子どもが生ま…

家の中をスッキリさせるコツは?

家の中をスッキリさせるコツは、「使っていないもの」や」「ダブっているもの」を早めに手放すことです。 こんなこと、ありませんか? ・新しいものを買っても、これまで使っていたものをそのまま置いておく ・「そのうち処分しよう」と思って、先延ばしにし…

今の生活で十分。買い物は買い替えが中心です

3連休はあいにくのお天気でしたね。最近、週末はずっと雨。そろそろ晴れてほしいですね・・・!!わが家は、むすこ(8才)が風邪気味だったり、お天気もあまりよくなかったこともあり、遠出はしませんでした。雨の休日、久しぶりに家族で買い物に行くことに…

「持ち過ぎない暮らし」のメリットとは?

「物を減らして、シンプルに生活しよう。」そう思ったのは、ストレスの少ない生活を送りたかったからです。目に見える物だけでなく、心配事や不安、見栄や、必要以上の家事や仕事を手放して、楽しい気持ちで毎日を送りたい。モノを減らすことが目的ではなく…

長年愛用しているクリステルのお鍋。その魅力とは?

シンプルライフの意味を調べると、 「不要なモノ・コトを手放し、わずらわしさから解放された単純で快適な暮らし」とあります。シンプルライフの第一ステップは、「使っていないものを処分する、手放す」こと。でも「今あるものを大切にすること」もシンプル…