今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

「今日から始めるシンプルライフ」さとの自己紹介

はじめまして!
「今日から始めるシンプルライフ」のさとです。

数あるブログの中から、このブログにお越しいただき、ありがとうございます。

f:id:sato25:20190531225356j:plain

 
まずは簡単な自己紹介から。

 プロフィール

 
夫、私(ともに40代)、子ども2人(8歳、6歳)の4人家族です。

ごく普通の主婦で、主婦歴は11年になります。

家事の中ですきなことは、片付けと家計管理です。

(2017年に「整理収納アドバイザー1級」を取得しました。
でも持ってるだけで、何も活動してません(苦笑))

住まいは関東地区で、築20年以上の賃貸の団地(3LDK、72㎡)です。

家の目の前は大きな広場があり、周りを桜の木が取り囲んでいて、窓から緑と広い空が広がります。

春には桜の花が満開になり、窓の外は一面ピンク色になります。

f:id:sato25:20190709151332j:plain


窓からの眺めがとても気に入ってます。
環境がよく、住みやすい家です。

ミニマリストになりたいけど、まだまだ使っていないモノもたくさん持ってます。

20代から30代にかけて。モノに囲まれた生活をする


結婚するまでは、事務職の正社員として都心で働いてました。
同僚や上司にも恵まれ、仕事は大変なこともあるけど、やりがいを感じていました。

毎日遅くまで働き、時には出張することも。
周りの人に評価されたくて、がんばってました。

休日は、都心のデパートにでかけて買い物をすることが多かったです。


この頃大事だったのは、「周りからどう見られるか」でした。

もっと素敵な洋服を買わなくちゃ。
こんなシーンで使うバッグも、アクセサリーも必要。

もっと、もっと。

何かに追われるように買い物をしてました。

今振り返ると、いつも何かが足りないと感じ、それを埋めるように、洋服や小物を買ってました。

でも、それで幸せだったかというと・・・?

自分に自信がなく、増え続けるモノを抱え、頭の中はぐちゃぐちゃ。
いつもイライラしてました。

 

40才を迎えて。モノ集めをしている場合じゃない

 
その後結婚し、36才の時に母を、40才の時に父を亡くしました。

父も母も、モノが捨てられない世代です。

「壊れてないものを捨てるなんて、もったいない」
「いつか使うかも」

そんなものが大量に残されました。

実家に残された大量の荷物を前に、

「最後はこうなるんだな・・・」

「どんなに大切にしていても、死ぬ時にはモノもお金も持って行けないんだ。」

こんな当たり前の事実を、身を持って知ったのでした。
(ちなみに実家はまだ片付いていません・・・)

そして人生の時間に限りがあることも意識するようになりました。

40代の残り時間は、きっとそんなに多くない。

モノ集めをしている場合じゃない。

 

これからは、シンプルに暮らしたい


こんな経緯を経て、これからは他人の目を気にした「モノ」を手に入れるための暮らしではなく、

「自分が大事だと思うことを、大事
にする暮らし」

「不要なモノ・コトを持たない、シンプルな暮らし」

をしたいと考えるように。

そもそも、「自分が大事なもの」って何だろう?

・みんなから「すごい」と言われる仕事を持つこと?
・できがいい子どもを育てること?
・素敵なインテリアに囲まれた家に住むこと?

どれも違う気がします。

たくさんのモノや、やらなくちゃいけないコトがあると、大事なものが埋もれて、見えなくなります。

不要なモノを持たずに、シンプルに暮らすことで、心が整理され、大事なことが見えてくるのでは。

自分にとって大事なことが見えてきたら、そのことに時間や労力を使って過ごしたい。

それが他人軸ではなく、自分らしい暮らしになるのだと思います。

自分らしい暮らしができたら、それはきっと幸せなこと。

そこで、まずは不要なモノを処分することから始めてみようと思います。

そんな日々の試行錯誤や毎日の暮らしを綴ります。

ブログの記事が、読んでくださる皆さまにとって何かのお役に立つことができれば嬉しいです。

始めたばかりで不慣れな点が多いですが、よろしければ読んでくださいね。

どうぞよろしくお願いします(^^)

さと