今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

小学校最初の3年間は、一番幸福なとき。夏休みは「好きなことに熱中する時間」を大切に

4月から息子が小学校3年生、娘が小学校1年生になりました。

小学校に入って一番びっくりしたのが、毎日朝早く家を出て、帰宅が遅いということ。

朝7時15分に家を出て、毎日3時半くらいに帰ってきます。

それでも、公園に近所のお友達がいると、鬼ごっこしたり、滑り台で遊んだり、すごく楽しそうに過ごしています。

でも周りのお友達を見ると、ピアノやそろばん、英語など、習い事で毎日忙しそう。

子どもの同級生のお母さんは、

「習い事で忙しくて、公園で遊ぶ時間はない」

と言っていました。

 

「うちの子、こんなに毎日遊んでていいのかな・・・?」

「今は習い事を一つだけど、もっとさせた方がいいのかな・・・?」

そんな不安を感じていたとき

『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』
を読んで、

「これでいいんだ」

と少し安心しました。

小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」

小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」

 

 

小学校最初の3年間は、ゆったり過ごしていい時期

 

f:id:sato25:20190726220412j:plain



本には、こんなことが書いてありました。

 

・小学校最初の3年間は、放課後の時間もたっぷりある、もっとも子どもらしい幸福に満ちた時期

・最優先にすべきは、「好きなことに熱中する」時間
そのためにも、放課後の時間は余裕のある時間にしていく必要がある

ただひとつ、たっぷりさせたいこと。それは「読書」
教育費に月5000円かけるなら、本題に月5000円回してもいいのではないか

3年間の読書量で、学力が決まる
読むことが好きになる、もっとも重要な時期が、小学校1年生から3年生まで。

自由な遊びが、子どもの幸福感、創造性を育てている

 

読書が、小学校高学年以降の学力の基になること。

遊びが、子どもの創造性を育てていること。

低学年の内は、読書さえしていれば、成績のことはあまり心配しなくてもいいそうです。

よ、よかった~(笑)

 

一緒に本を読む時間を大切に


幸い、息子は読書が大好き。

図書館が自宅から歩いてすぐのところにあり、図書館で好きな本を借りるのを楽しみにしています。

図書館から帰って来ると、おやつも食べずに、無中になって借りてきた本を読んでいます。

ちなみに勉強好きではありません(苦笑)

夢中になって本を読んでいるのを見ると、高学年で伸びてくるのでしょうか・・・?

一方、むすめはまだ一年生になったばかり。

小学校に入ってからは、夜も忙しくて、読み聞かせもしなくなってしまったなーと反省。。

「夏休みは毎日、一緒に本を読む時間を持とう」と思いました。

 

「熱中する時間」「読書」を大切に

 

人は人、自分は自分、と思っていても、周りの人を見て、不安になることってありますよね。

息子の周りのお友達は習い事をいくつもしている子が多いけど、

「うちの子も何かさせなきゃ・・・」

と焦って、無理やり何かの習い事をさせなくて良かったのかなと感じました。

子どもが何をしている時に楽しそうかな?とよく観察することも大事ですね。

わが家では、小学校の間は好きなことに熱中する時間を大切に、ゆったりと自由な時間を過ごせばいいかなと思っています。

「将来役に立つ」勉強の先取りよりも、「今」しかできないことを大切にしたいと、本を読んで改めて思いました。

そして今の幸せな時期に、楽しい思い出をたくさん作りたいと思います。

そのほか、家庭学習の仕方など、参考になる部分がたくさんありました。

幼稚園や低学年のお子さんをお持ちの方には、参考になる事が多いと思います。

夏休みはいつもより時間にゆとりがありますね。
子どもには、たくさん本を読んでほしいと思います。

今日もお読みくださり、ありがとうございました。


ブログ村に参加しています。
↓応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村