今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

喪中はがきが届いたら、したいこと。

喪中ハガキが届く季節になりました。

先日友人から、お姉さんが亡くなったという喪中ハガキが届きました。

まだ40代のお姉さんが亡くなったことに、ショックを覚えました。

そんなときは、はがきで気持ちを伝えています。


f:id:sato25:20191212093210j:image

 

身近な人を亡くした人へ

 

数年前の11月。

父が亡くなり、バタバタの中、喪中ハガキを出しました。

そんな時に、友人から一通のハガキが届きました。

私のことを気遣ってくれる文面に、とても温かい気持ちになったことがあります。

そこで私も、友人が身近な方を亡くしたことを喪中はがきで知った場合、はがきを用意して、短い文面で気持ちを伝えることにしています。

はがきには、こんな内容を書きます。

・はがきのお礼
・ご不幸を知らずに、お悔やみの言葉を伝えられなかったお詫び
・お悔やみの言葉と、なぐさめの言葉

結婚してから、友人たちとは住む場所も離れ、普段は会ったり、連絡を取る機会は減ってしまいました。

でも友人に悲しいことや嬉しいことがあった場合は、一緒に悲しんだり、喜んだりして、その気持ちを伝えたいと思っています。

とくに辛いことがあった時、自分のことを気遣ってくれる人がいるのは、心の支えになると思うのです。

声をかけた方がいいのか、何もしない方がいいのか、迷うこともありますよね。

どうするか迷った時は、心が温かくなる方を選びたいと思っています。

 

本日もお読みくださり、ありがとうございました。

ブログ村に参加しています。
↓応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村