今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

長かった自粛生活後は、1日24時間をデザインし直すチャンス。

長い休校期間を経て、徐々に学校が再開されました。

わが家の子どもたちも、グループを二つに分けて、1日おきの登校が始まりました。

まだ11時までの午前授業なので、すぐに帰ってきます。

でも子供たちが学校に行ってる間、少しだけ一人の時間がもてるようになりました。


f:id:sato25:20200529145942j:image

長かったコロナ自粛生活で、何を得たか?

これからどんな生活にしていきたいか?

そんなことを考えています。

 

子どもも、大人も、

「まっさらになった日常に、自分たちにとって大切だと思うことを、少しずつ取り戻していく。」

そんな生活にしていきたいなあ、と思っています。

 

長い自粛生活を経て思うこと

 

・学校や習い事に行く
・休日の外食
・自由に買い物に行くなど・・

コロナの自粛生活では、
今まで当たり前にできていたことができなくなり、
「予定が何もない、自由な時間」を手にしました。


今までの延長線上にない日常は、
ある意味、新鮮な発見がある毎日でした。

忙しい日常を一度立ち止まることができ、

「これはなくても平気なんだな」

と改めて気づいたことがいくつかあります。

「今までの日常を一旦まっさらにして、1日24時間をもう一度デザインする。」

この自粛生活で、そんなチャンスをもらえたように感じます。

コロナ前は安定してた?

 

「今までの日常を早く取り戻したい」

「早く元の生活に戻るといいですね」

という言葉を聞きますが・・・

本当に今までの日常に戻りたい?

コロナ前の日常って、そんなに良かったのかな?

 

そう口に出していいんだ、と思ったのは、
この記事を読んだことがきっかけです。

news.yahoo.co.jp

 

むしろおれ、ガキたちにはこれがチャンスだぞって言いたいな。心も日常生活も、乱れるがゆえのチャンス。

-チャンス?

だって、仕事も学校も、ある意味でいま枠組みが崩壊しているから、ふだんの何がつまんなかったのか、本当は何がしたいのか、ニュートラルに問いやすいときじゃない。実はコロナ禍がないときこそチャンスに満ち満ちているんだけど。今は幸か不幸か、時間が余っているんだから。

 

本質をついているなあ、と思いました。

自分はどうかな?と考えたとき・・・

「前の日常に戻りたい」とは思いませんでした。

子どもたちはどううなんでしょう・・?

たぶん、「前の生活に早く戻りたい!!」という感じではない気がします。

 

今は

「今までの延長線上にない”新しい日常”をどうやって作っていこう?」

と楽しみな部分があります。

ある意味、いろいろな未練が経ち切れて、

「もうゼロからやるしかない!」

という気持ちになっています。

 

コロナをきっかけに、減らしたこと、増やしたもの、いろいろあります。

休校期間中は、他の方のブログを読むのも、書くのも遠ざかってしまいました。

少しずつ記事を書いていきたいと思います。

皆さんの記事を読むのも楽しみにしています。

これからもどうぞよろしくお願いします^ ^

ブログ村に参加しています。
↓応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村