今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

空気清浄機を手放して得た、3つのメリットとは?

空気清浄機を手放しました。

子供が生まれた8年前、出産祝いに「何がいい?」と聞かれ、
『加湿機能つきの空気清浄機』をリクエストして、お祝いにいただきました。

f:id:sato25:20190619151359j:plain

 

選んだ理由は、子どもがいる方から
「加湿器はあった方がいいよ~」と聞いたため。
(風邪の予防になるそう)

さらに私の花粉症の症状がひどかったこともあります。

加湿付きの空気清浄機をつければ、

「風邪予防&花粉症の症状も少し和らぐかな?」
という期待がありました。

 

「空気清浄機」を手放した4つの理由


わが家では、結局「空気清浄」を手放すことに。

手放した理由は4つあります。

1.スペースを取る

わが家のリビングダイニング(8畳)に置くと、かなりの存在感

一年のうち、花粉シーズンの 3ヶ月はリビングに置いて使っていました。

残りの9ヶ月間は、クローゼットに入れっぱなしでした

クローゼットでもかなりの存在感で、スペースを取っていました

 

2.音が意外と大きい

空気清浄機を稼働している間、ずっと「ゴーーッ」という音がしていて、気になりました。

本来24時間つけるものなのでしょうが、リビングでくつろぐ時や、食事中に家電の音が聞こえるのは、どうしても好きになれず。。

わが家のような狭いリビングダイニングだから、気になるのかもしれません。

 

3.効果がいまいちよくわからない

空気がきれいになっているのか、(私の場合)いまいち実感がありませんでした。

それよりも、部屋の隅のホコリが気になる・・・(笑)
あれを拭き掃除した方が、空気はきれいになるのでは・・・

花粉症の症状も、多少和らいだような、あまり変わらないような。
わたしが鈍感なのかな・・?

 

4.手入れが面倒

空気清浄機をしまう時、

「フィルター類をクエン酸水で洗い、ベランダに陰干しして・・・」

というのを1時間ぐらいかけてやっていました。

説明書を見ながらのこの作業が、面倒でした。

お手入れをしたくないために、使うのをやめたりしていました。

これでは、持ってる意味ありません。

手放したことで得た3つのメリット

 

 <メリット1>
リビングに大きな家電を置かなくて済む 

・・・スペースが広く使える、掃除がらくになる

<メリット2>
クローゼットのスペースが空く

・・・他のものが取り出しやすくなる

<メリット3>
メンテナンスの手間がなくなる

・・・時間・労力が不要になる


結局、空気清浄機はリサイクルショップで、500円で引き取ってもらいました。

(いただいた当時は、5万円くらい。)

空気清浄機を手放して、部屋もすっきりしました。

自分の家に必要かどうか、家電は使ってみないとわからないことも多いですよね。


まずは買うときに、

「ほんとうに必要?」

と一度立ち止まって、よく考えること。

 

最近では、家電のレンタルもできるようなので、買う前に検討してもよさそう。

 

www.rentio.jp

 

今あるモノでも、本当に必要かどうか見直してみると、

「意外と必要ないかも?」

ということに気がつくかもしれません。

不要なモノを持たないことで、得るメリット

 
不要なモノを持たなければ、家の中にスペースができます。

電気を使ったり、手入れをする余分なエネルギーも使わなくてすみます。

時間も使わなくてすみますよね。

必要なものは、変化するもの。

今必要でないものは手放して、ものではなく、住んでいる人が主役のわが家にしたいと思っています。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。


ブログ村に参加しています。
↓応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村