今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

物をもつということは、管理する手間や時間が必要ということ

持っているものを減らすと、空間もすっきりしますが、気持ちもすっきりします。

最近思うのは、物を持つということは、管理する手間や時間が必要だということ。

そのことに気づいてから、持つもの・持たないものを意識的に選ぶようになりました。


f:id:sato25:20191115100838j:image

 

ものを持つほど、管理することが増える

 

例えばサランラップの場合。

いくつか違う大きさの物を持っていると、

・どれを使うか考える
・なくなったら、同じものを買うかどうか考える
・買うのであれば、何かにメモする
・外側の入れ物は、紙ごみか普通のゴミか、刃は何ゴミか考える
・スーパーで、新しいものを買う

そのほかにも、

・掃除の時にどける
・ほこりを取る
・収納を考える

一つ物を持つだけで、これだけ管理することが増えてしまいます。

ものが増えれば増えるほど、管理することが増えて、時間や頭の中のスペースもそれに取られてしまいます。

それでは、ものの管理や買い物に追われる毎日になってしまいます。

 

持ち物を減らすことで得られるメリット

 

ものを持つということは、それだけ管理する手間と時間とエネルギーが必要だということ。

ここ数年で、持つもの・持たないものを意識的に選ぶようになりました。

その結果、部屋もすっきりして、買い物の時間が減り、お金も自然と貯まるように。

ものを持ちすぎない暮らしは、時間とお金に余裕ができて、暮らしに余裕がうまれる。

家の中もすっきりする。

そんなメリットがあるなあと思います。

これからも、ものに振り回されない暮らしをしていきたいと思います。

本日もお読みくださり、ありがとうございました。
 
ブログ村に参加しています。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村