今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

現代版超スローライフ。自宅で短時間働き、穏やかに暮らす暮らし方。

読んでいてワクワクするような、

新しい発見がたくさんある本でした。


f:id:sato25:20201124104454j:image

『自由もお金も手に入る!勝間式超スローライフ』
(勝間和代著)


コロナをきっかけに、働き方を変えたり、
変えざる負えなくなった方も多いでしょう。

 

 

アフターコロナをきっかけに、

著書の勝間さんは、

自宅を世界一快適にして、短時間で効率よく働く。
健康もお金も手に入り、幸せになる。

 

そんな「現代版スローライフ」を推奨しています。

スローライフを実現するための
勝間さんのアイディアが詰まった一冊です。


f:id:sato25:20201124104534j:image

 

現代版スローライフとは

 

現代版スローライフは、

テクノロジーや利便性を駆使しながら、
自宅を中心に毎日を幸福度高く暮らす、
新しい形のスローライフです。

 

・音声入力で手際よく仕事を効率的に終わらせる

・ヘルシオホットクックといった調理機器を使って、
栄養価の高いおいしい料理を短時間で作る。

・オンラインジムで、自宅で移動時間を
使うことなく、体を動かして健康になる。

 

 私は勝間さんのようにはなれないけれど・・・
まねできるところはあります。

 

スローライフで不自由しないお金の稼ぎ方

 

特にすごいと思ったのが、
自宅で短時間で効率よく働く働き方です。

生活するだけの収入を得るには、長時間働かなくては。

決められた時間働いて、その引き換えにお給料をもらう。

 

そんな思い込みがありますよね?

でも勝間さんは一日3時間労働をしているそう。

そのカギは、

「自分の労働体系を成果報酬型に切り替えること」

だそう。

 

ではどうしたら、成果報酬型を実現できるのか?

 

自分が息を吸って吐くようにできるぐらい得意であり、かつ高い報酬を得られる分野を、20代ぐらいから真剣に探し続けるのです。p79

「どういう職業を選べばスローライフを実現できるのか」ということを、5年でも10年でもかけてよく考え続けることが重要です。

不可能だと初めから道を閉ざしてしまうのではなく、どこの道であれば可能性が高いかを検討してください。数年かけて少しずつ、1 mm ずつでもいいから諦めずにそちらへ近づけていくことです。p80

 

20代どころか、もう40代も半ばですが・・・
もっと早く気づきたかった・・・

でもあきらめてしまったらそこでおしまいです。

できそうなことを実践して、
一日1ミリでも自分が望む働き方や暮らしに
近づいていくしかないですよね。


そして、これから社会に出る子供たちには

・自分が息を吸って吐くようにできる
得意なことを見つけること
・それをお金に変えていく術

を身につけるよう伝えていこう、と思いました。

 

自宅で穏やかに過ごしながら、
短時間の仕事でしっかりと人の役に立ち、
報酬を得る。

 

そんな新しい働き方や暮らし方に、
読んでいてワクワクしました。

 

今からでもできるところを少しずつ
取り入れてみたいと思います。

 多くの新しい気づきがある本でした。

 

ブログ村に参加しています。
↓応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村