今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

寝室には何も置いてません。布団生活で暮らしを柔軟に。

一般的な3 LDK の間取りの団地に、家族4人で住んでいます。

寝室にする和室(6畳)には、家具は何も置いていません。


f:id:sato25:20191026220032j:image

夏から秋にかけて、北側の和室を寝室に。(涼しいから)

冬から春にかけて、南側の和室を寝室にしています。(暖かいから)

 

 

何もない寝室は、すっきり広々

 
f:id:sato25:20191026220145j:image

寝室にする和室(6畳)には、家具は何も置いていません。

結婚した当時は、夫が独身の時から使っていた勉強机やカラーボックスなどを置いていました。

でも家族が増えるにつれ、布団をしくのが狭くなってきました。

地震など防災のことを考えても、寝室にはものがない方が安全です。

そこで、家具を処分することに。

子どもがうまれたら、勉強する時間が取れなくなったため、勉強机は手放しました。

カラーボックスの中身はものを減らし、必要なものはすべて押入れに入れるようにして、カラーボックスも処分しました。

何もない和室は、すっきりして広々。

高い家具がないので、地震がきても安全です。
「家庭内防災部屋」としても使えます。

 

布団生活のメリット

 

寝具は、結婚してからずっとベッドは持たず、布団の生活を続けています。

布団のメリット

・布団を片付けたら、部屋を多目的に使える
・簡単に移動できる

 

季節によって、寝室にする和室(6畳)を変えています。

電子ピアノを持っていますが、軽くて簡単に移動できるので、寝室にしない方の和室に移動して使っています。

こうして季節に合わせて寝室を柔軟に変えられるのも、布団のメリット。


「ものをあまり持たない」
「家具は簡単に移動できるような、軽いものにする」

ということが、暮らしを柔軟にしてくれます。

これからも布団生活を続けて、身軽な暮らしをしていきたいと思います。

本日もお読みくださりありがとうございました。

 
ブログ村に参加しています。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村