今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

「モノを直して、大切に使う」という選択。フライパンの再加工をしました

11年前、勤めていた会社を辞めた時、同じ部署の方々にフライパンを贈っていただきました。

 

いただいたのは、アサヒ軽金属の「オールパン」。10年以上大切に使っています。


f:id:sato25:20190812085043j:image

 


(我が家は、「オールパンゼロ(26)」を使っています)

それ以来、ほぼ毎日のように活躍してきたオールパン。

水なしで野菜を茹でたり、ゆで卵を作ったり、カレーや炒め物を作ったり、鶏肉を焼いたり、鍋をしたり。

ほぼ使わない日はないくらい、大活躍のフライパンなんです。

 

オールパン、『お鍋の病院』へ

 

だけどここ数か月の間、内側のフッ素がはげてしまい、具材がくっつて料理がしづらくなってしまいした。

「どうしよう。買い替えようかな・・・」

そこでふと、「フライパン再加工」のサービスがあったことを思い出し、ホームページを調べてみると、ありました!!

http://www.asahikei.co.jp/service/

 


『お鍋の病院』に送ると、フライパン1台につき、5,000円でフッ素のコーティングの再加工をしてくれるとのこと。

「そうだ、直してみよう!」

早速、入院の手続きです(笑)。

チケットを購入して、取りに来てもらうことに。

↓楽天でチケットが買えます。


再加工費(5000円)+工場への発送料(500円)で、着払伝票が同封されています。

自宅で段ボールに入れ、あとは集荷の電話をして、取りに来てもらえば終了。

ホームページには3週間くらいで帰ってくるとのことでしたが、わが家では2週間で退院してきました!

 

Before

f:id:sato25:20190810164018j:plain


After

f:id:sato25:20190810163846j:plain

f:id:sato25:20190812085250j:image


内側も外側も、新品同様。

すっかりきれいになって、戻ってきました。

早速料理してみたところ、油をほとんど使わなくても、全然くっつきません!

ここ数か月の小さなストレスが、まったくなくなりました。

 

「モノを直して、大切に使う」ことも取り入れたい

 

きっと昔は、「壊れたら直して使う」というのは、当たり前だったんですよね。

でも最近は「モノを直して使う」ということが減ってきたなあと思うのです。

「壊れたら、修理するより買った方が安い。」

「部品がもうない。」

そんな理由で、買い替えることが多くなっていました。


でも「直して大切に使う」というのは、何とも言えない充実感があります。

このフライパンは、大好きだった職場の皆さんにいただいた大切な物。

だからこそ捨てずに、直して使い続けることができて、とてもうれしいです。

 

そのほか、クリステルのお鍋も長く使っています。

 

www.s-simplelife.com

 

どちらのお鍋も、大切に使い続けていけたらなあと思います。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。


ブログ村に参加しています。
↓応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村