今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

誰かに気持ちを言葉にして伝えること。

最近小1の娘から、よくお手紙をもらいます。

先日、体調がよくなかった時にもらったお手紙。


f:id:sato25:20200219220443j:image

 

ずーとずーとずーと いっつも大すきなおかあさん
いっつも大好きだよ。
おかあさんねつは大じょうぶ
いっつも子どものおせわしてくれてありがとう


体調を気遣ってくれました。

お弁当を作った日。

空のお弁当箱に、お手紙が入っていました。

おかあさんへ
今日のおべんとうおいしかったです。
おかあさんのりょうりは、きゅうしょくよりせかいいち
おとうさんとおかあさんのおべんとうは、おいしいです。
いつもたべててしあわせです。
〇〇より


これ以上ないほめ言葉をいただきました(笑)


7才の娘は、

「おかあさん、だいすき」

という気持ちを、お手紙でしょっちゅう伝えてくれます。

こういうお手紙をもらうと、とっても嬉しくなります。

と同時に、字が書けるようになって、自分の思いを相手に一生懸命伝えようとする姿に、心が動かされます。

そう、字や言葉って、誰かに気持ちを伝えるものだったんだなあと、改めて気づきます。

「あなたのことが大好き」
「あなたが私にしてくれていることに、とても感謝している」

そんなことを素直に、何度も相手に伝えようとする娘。


大人になると、

「そんなことわざわざ言わなくてもわかってるはず」

と、相手に伝えることをさぼるようになります。

7才の娘から、言葉にして相手に伝える大切さを、日々教えてもらっているような気がしています。

私も、家族や周りの人に、もっと気持ちを言葉にして伝えよう。

そんなことを思う今日この頃です。

記事を読んでくださっている皆さま、いつもありがとうございます。

皆さまの存在が、更新の励みになっています ^ ^

ブログ村に参加しています。
↓応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村