今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

『人生100年時代の稼ぎ方』を読んで。より長く、楽しく働くには?

最近「人生100年時代」という言葉を
よく耳にするようになりました。

たまたま手に取ったこの本。


f:id:sato25:20200917114707j:image

著書は、和田裕美さん、久保明彦さん、勝間和代さんの3名の方です。 

本には

「今は働き方の大きなターニングポイントを迎えている」

ということ。

そして

「今までの人生80年時代に最適化されたプランとは違う、人生100年時代に合った働き方をしましょう」

ということが書かれています。

人生100年時代にフィットした働き方とは?

 

暮らしの中で「働く」ことは、
欠かせない大きなテーマですよね。

私自身にとっても、

「どう働くか?」

は子供が生まれてからずっと悩んで、
今も悩んでいるテーマでもあります。

今は時代が大きく変化していて、
今までのように「みんなと同じ」が
通用しなく
なりました。

 

 3名の著書がお話される内容をまとめると

 「今までの人生80年時代に最適化されたプランとは違う、人生100年時代に合った働き方をしましょう」

ということです。

その中で私が特に心に残った言葉は、次の3つです。

 

1.仕事への不安を消し去るには、市場価値の高い人材について調べ、そこへ一日一ミリでもいいから近づくための行動をとること。

 

2.プライドを捨て将来性をとる。

 5年後10年後を見据えて、依頼がなくなる可能が高い仕事にかけるのをやめる

 

3.定年退職のない働き方

 これをするために、将来性がある仕事を選ぶことが必要

 

 「こうなったらいいな」のために行動する

 

・自分の得意なことや好きなことを生かして

・自分らしく働くことができて

・定年退職がない

 

こんな働き方ができたら、
人生100年時代を楽しく過ごせるだろうなあ。

 いいなあ。

そんなふうに思います。

 

探せば自宅でできる仕事はいろいろとあります。

まずはメルカリで家にあるもの売ることでもいい。

何かを売ってお金を得る経験をすることができます。

 

まずは今の自分でできることをやってみる。

行動しないと何も始まりません。

今までの私は、調べるのが面倒だったり、
「できるかな?」という不安な気持ちから
なんとなく何もしないでいました。

本を読み終わったときには

「こうなったらいいな」

に向かって、1日1ミリでも進むつもりで、
小さな一歩を踏み出そう。

 そんなふうに前向きになれる本でした。

 

まずは今の自分にできることから。

小さな一歩を踏み出してみようと思います。

ブログ村に参加しています。
↓応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村