今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

アルバムが日常にある暮らし。雑誌を読むように、アルバムを手に取る

子供が生まれてから、毎年アルバムを作っています。

f:id:sato25:20191025103833j:plain

 

・写真を差し込むだけ
家族で一年に一冊、1ヶ月に1見開き、
・毎月の簡単な育児日記カード

こんな簡単なルールなので、続けられています。

 

www.s-simplelife.com

 

アルバムを手に取れる場所に

 

家にいて退屈な時。

最近よく、息子がアルバムを眺めています。


f:id:sato25:20191025104102j:image

まるで、雑誌を眺めているかのよう。
手軽に取り出しています。

何冊も出して、育児日記カードもあわせて読んで、楽しんでいるようす。

小学生になって字が読めるようになり、よりアルバムが日常にある暮らしになりました。

「赤ちゃんの時、横浜に行ったことあるんだよ。」
「知ってる!観覧車の写真でしょ!」

小さな時のことで覚えてないことでも、話をすると写真と育児日記カードをくり返し見ているので、ピンと来るようす。

写真を見ながら、どんなことを考えてるのでしょうか・・・?

 

1か月に1枚。育児日記カードのすすめ

 

アルバムを作り始めたときは、深く考えていなかったけれど、「育児日記カード」はつけていて、本当に良かったなと思います。

 

その時は当たり前のことでも、振り返ってみると意外と忘れていることが多いんです。

写真と合わせて育児日記カードがあると、その時のことが蘇ってきます。

 

小学校に行くようになると、小さな時のエピソードを発表する授業があります。

そのときにも、育児日記カードがあって助かりました。

(3才のときに、何が好きだったのか、どんなことがあったのか・・・
意外と思い出せません( ;∀;))

写真はあとから整理できても、育児日記をあとからまとめて書く、というのはムリです( ;∀;)

小さなお子さんがいる方は、毎月一言でもいいので、育児日記をつけておくといいですよ。

 

アルバムが日常にある暮らしは、日常にふと暖かい時間が流れる暮らしです。

 

本日もお読みくださりありがとうございました。

 
ブログ村に参加しています。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村