今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

【家庭学習】『カラオケEnglish』5か月目の進捗。英語の授業がわかるように。

3月の休校が始まってすぐに始めた『カラオケEnglish』

小学生の子ども二人は、今でも毎日続けています。


f:id:sato25:20200716135335j:image

 

始める前、

「英語が大嫌い」

と言っていた息子( ;∀;)

3年生の英語の授業では、何を言っているか全然わからなかったそう。

 

『カラオケEnglish』を地道に毎日続けた結果・・・

4年生の今では、
「英語の授業が簡単」
と感じられるように。

 

「英語が苦手」
「授業がわからない」
というお子さんがいらっしゃる場合、
『カラオケEnglish』はおすすめの教材です。

 

毎日15分~20分の英語の音読

 

カラオケEnglishは、

「声を出して英語を話すくせをつけること」

を目的とした英語のオンライン教材。

こんなメリットを感じています。


f:id:sato25:20200716135417j:image

・手軽に始められる
・毎日音読をすることで、英語の発音に慣れる
・学校の授業がよく理解できるようになる
・費用がそれほどかからない(月980円)

 

小4の息子は、小3・小4のコースを終わらせ、
今は小5のコースを進めています。

 

毎日だいたい2~5ユニットを進めています。
時間にすると、1日15分から20分の英語の音読をしています。

一通り終わったら、同じユニットを
3回繰り返して、スラスラ言えるように。

 

英語の授業が簡単に感じられるように


休校が終わり、4年生の英語の授業が始まりました。

最初の英語の授業があった日。

 

「英語の授業で、手をあげて答えたよ」
「先生に発音がきれいとほめられたよ」

と嬉しそうに報告してくれた息子。

私も、英語の授業がある日は

「どうだった?」

と聞くように。

 

今は天気のことをやっているそうで

「簡単だったよ」

と言っていました。

 

3年生で、すでに英語の授業に落ちこぼれ気味だった息子。

大嫌いだった英語の授業が
「簡単」
と感じるように
なりました。

 

カラオケEnglishは、公立の学校の授業内容に
即したコースがあります。(小3~小6)

それを毎日何度も音読することで
授業が簡単に感じられるようになりました。

 

私も一緒に聞いて、難しいところは
時々サポートしています。

そんなわけで、私も学校でどんな英語の勉強を
しているのかわかるように。

親の私が、英語の授業に興味を持ったことも
良かったことのひとつです。

 

英語は毎日声に出すことが大事

息子には、なりたい職業があります。
それには、英語が必須です。

受験や学校の試験で良い点が取れるというよりも、

「英語を話せるようになる」

という目標で英語に取り組んでいます。

 

毎日音読をして、英語の発音に慣れること。

それが英語を話す第一歩になると思っています。

英語が好きになって、息子がなりたい仕事につけたら
嬉しいなと思います。

 ▽過去記事です

www.s-simplelife.com

www.s-simplelife.com

www.s-simplelife.com

 

 ブログ村に参加しています。
↓応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村