今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

牛乳パックを使って、食事の後片づけをラクに

食事の準備で大変なのは、食事の後片付けも
セットになってついてくるところですよね。

 

私は飲み終わった牛乳パックを使って、
食事の後片付けを楽にしています。


f:id:sato25:20200805113926j:image

使い方は次の2通りです。

1.肉や魚を切るときの洗い物を減らす

2.排水口のそうじ

 

洗い物を減らす

お肉やお魚を切るとき、まな板で切ると
においも気になるし、洗うのが面倒です

 

そこで、牛乳パックを使っています。

まな板の上に牛乳パックを置いて
その上でお肉やお魚を切ります。

 

使い終わったら、そのままゴミ箱にポイ

洗いものが一つ減ります。

 

排水口のゴミ取りとして

 夕飯の洗い物が全て終わった後、

排水溝には、食べ物のカスが残ります。

 

これを取るために、
牛乳パックを小さく切ったもの
活用しています。


f:id:sato25:20200805114003j:image

シンクの扉を開けた裏に、フックで入れ物を引っ掛けて、
牛乳パックを小さく切り取ったものを入れています。


f:id:sato25:20200805114040j:image

夕飯の後片付けが終わった後
扉を開けて、牛乳パックの小さな
切れ端を手にとります。

 

牛乳パックで排水溝の中のゴミをすくい取ります。

そのまま生ゴミのビニール袋にポイ。

その後シンク全体をスポンジで洗って
後片付けが完了です。


小さなことですが、掃除が少し楽になります。

以上、牛乳パックの再利用方法でした。

ブログ村に参加しています。
↓応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村