今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

母からもらったスカートを手放す

母が亡くなったのは8年半前。
長男が産まれて、間もなくのことでした。

その母からもらった、巻きスカート。
思い切って手放しました。

 

f:id:sato25:20191107095227j:plain

 

思い出があって、痛んでいない洋服を手放すのは難しい

 

母は結婚するまで、都心のデパートに勤めていて、その時に買った洋服をたくさん持っていました。

このスカートは母からもらい、私が独身の頃、気に入ってよく履いていました。

ジャケットもセットでしたが、そちらは時代を感じさせるデザインで、着ませんでした。亡くなった時に処分しました。

40年以上も前のもの(!)ですが、どこも痛んでいません。

生地が厚地で、とてもしっかりした素材。

縫製もていねいで、手にとると、品質の良さがわかるスカートです。

昔の洋服は、ていねいに作られていて、品質がとても良かったんですね。

 

形もシンプルで、気に入ってましたが、子供が生まれてから、スカートはまったく履かなくなってしまいました。

このスカートを見ると・・・

・母のこと
・独身時代、楽しく働いていたこと

そんなことを思い出し、なかなか捨てる決心がつきませんでした。

 

持ち物は、「いま」使うものにする

 

スカートは生地が厚い分、しまっていても、かなり場所を取ります。

もう一度着てみても、なんとなくしっくりこない・・・

「これからも着ることはないな」

と思いました。

そこで、思い切って手放すことに。
写真を撮ってお別れです。

実物がなくても、写真を見れば、手触りや母のことを思い出します。

こうしてブログに載せれば、後になってから見ることができます ^ ^

家族が増え、家のスペースには限りがあります。

生活や考え方も変化し、

「今使うものだけを持っていたい」

と思うように。

思い出のあるものを手放すのは、勇気と気力がいります。

でもいつかは処分しなくてはいけないので、先延ばしにしないで、「今やろう」と思います。

持ち物を見直しながら、身軽に日々の暮らしを送っていきたいなと思います。

本日もお読みくださり、ありがとうございました。

 
ブログ村に参加しています。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村