今日から始めるシンプルライフ

4人家族の40代主婦。不要なものを手放しながら、生活をシンプル&ミニマルにしていく過程を綴ります。

私が考えていること

年上の素敵な友人に会いました。「誰かのために」時間と手間を使う

年上の素敵な友人がいます。 会った後、必ず心が温かくなる人。 みんなが楽しむために、時間や手間を惜しみなく使える人。 彼女の魅力は、「与える人」だということです。 心のこもった、すてきなランチ 長男を妊娠中、市のマタニティクラスで知り合った四人…

自宅に戻って。モノが少ないとほっとします

ようやく自宅に戻りました。 たった4日間家を空けただけですが、懐かしいような気がします。 泊まりで出かけた後、自宅に戻るとホッとします。 「やっぱりモノが少ないっていいな」 と思います。 自宅ではない場所で、普段見慣れないものを見て何日か過ごす…

2020年。新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 昨年はブログを始め、アウトプットすることに一歩を踏み出した一年でした。 今年はどんな一年にしたいか考えたとき・・・ 「やりたいことをやる」という、シンプルな答えに。 …

2019年を振り返る。3つの大きな変化がありました

クリスマスが終わったと思ったら、あっという間に2019年最後の日。 午前中は黒豆を煮たり、伊達巻や筑前煮を作り終え、ほっとしているところです。 伊達巻を冷ましています(笑) 今年は、3つの大きな変化がありました。 一つ目は、ブログを始めたこと。 それ…

大人が一日、一生懸命働いてもらえる金額

わが家の習い事は、子ども二人とも、スイミングだけ。 でも息子はスイミングがあまり好きではありません 週に2回通っていますが、すでに今月は合格しました。 「だから今日は行きたくない」 と言って、不機嫌になっています。 大人が一日一生懸命働いてもら…

心がざわざわした時にすること。

最近子供の学校のことで、立て続けにいろいろなことが起こり、心がざわざわしていました。 年末でいろいろやらなくてはいけないのに、何もする気が起きません。 他の人に言われた一言が、心に引っかかっています。 自分の育児に、自信がなくなっていました。…

飾りは最小限でいい。小さな季節のものと、子どもの作品を。

わが家では、季節の小さな飾り以外、飾る物をほとんど持っていません。 今は小さなクリスマスの飾りと、クリスマスツリー、子どもが持ち帰った作品を飾っています。 飾りは最小限でいい もうすぐ2学期も終わり。 子ども達が、次々と学校から作品を持ち帰って…

週末の午後、2時間。息子(小3)とふたりで過ごす時間

土曜日の午後は、娘(小1)がスイミングに行きます。 その間の2時間は、息子(小3)と二人で過ごす時間です。 外でボールを蹴ったり、図書館に行ったり。 特別なことをするわけでもないけれど、大事な時間です。 週に数時間。息子との時間を持つ 夫は仕事…

喪中はがきが届いたら、したいこと。

喪中ハガキが届く季節になりました。 先日友人から、お姉さんが亡くなったという喪中ハガキが届きました。 まだ40代のお姉さんが亡くなったことに、ショックを覚えました。 そんなときは、はがきで気持ちを伝えています。 身近な人を亡くした人へ 数年前の11…

休日の過ごし方の理想と現実

小学生の子ども二人(小1と小3)と過ごす週末。 ここ数年、週末は夫が仕事で不在のことがよくあります。 理想の休日の過ごし方は、 子供と一緒に、何かを作ったり、ゆっくり遊んで過ごすこと。 平日に、なかなかそういう時間は取れないからです。 息子と一…

「ONE TEAM」ラグビーワールドカップで、思うこと。

先日、今年の流行語大賞が発表されましたね。 ラグビー日本代表のスローガンとなった「ONE TEAM」が選ばれました。 心を一つに、全力で戦う姿をみて 今年はラグビーのワールドカップが大きな話題になりました。 世界の強豪を相手に、初めて決勝トーナメント…

夫に感謝したこと。私が笑顔で元気でいることが一番。

ここ2日ぐらい、シクシクとお腹が痛み、体調があまりよくありませんでした。 夜勤明けの夫が、私の体調があまり良くないことを気遣って、 「俺が子ども達の世話を見るから、寝てていいよ」 と言ってくれました。 ここはもう甘えようと思い、珍しく横になりま…

「誰かと一緒」をやめる。『大人になってやめたこと』を読んで(3)

子どもたちがまだ小さくて、自分の時間なんてなかった頃。 子どもたちがお昼寝している時間だけが、唯一ほっとできるひとときでした。 お昼寝している間、インテリア雑誌を眺めるのが楽しみだった私。 いつかこんな照明が欲しいな。こんな家具、素敵だな。 …

「もっともっと」をやめて、すでに持っているものを使う。『大人になってやめたこと』を読んで(2)

自分より、一歩先を行く人の話を聞けるというのは、本当にありがたい。 そんなふうに感じる本でしたので、昨日の続きです。 www.s-simplelife.com 『大人になってやめたこと』(一田憲子著)をご紹介しますね。 「もっともっと」をやめる 「いつになったら、…

やることを減らして、8割の力で暮らす。『大人になってやめたこと』読んで

『大人になってやめたこと』(一田憲子著)を読みました。 本には、2種類あると思います。 一つは、自分が全く知らなかった、新しい考えや事実を教えてくれる本。 もう一つは、自分の中にある、言葉にならない考えや思っていることを、言葉にしてくれるよう…

100記事を書いて。ブログを書くことが楽しい、3つの理由

気がつけばブログを始めて、約半年。 100記事を書いていました。 コメントやはてなスターをくださる方、ブックマークをしてくださる方、ご自分のブログで紹介してくださる方々、いつもありがとうございます。 更新の励みになっています。 今まで、読むだけだ…

家族が疲れているときにしたい、二つのこと

最近、と言っても、ここ数年ずっとですが・・・夫は仕事がとても忙しく、毎日疲れています。 家にいる時間が、ほとんどない日が続くことも。。 子どもたちも朝早く学校に行って、毎日がんばっています。 家族が疲れているとき、 「私にできることは、なんだ…

家は、家族が帰ってきてリラックスできる場所

自分たちが住む家は、物に支配されたくないなぁと思っています。 そのために、定期的にいらないものをチェックしたり、物を持ちすぎないようにしたり、掃除したりしています。 いま一番家に求めていることは、「家族がリラックスできる場所」であるというこ…

持ち家は持たず、賃貸住宅で暮らしています。その理由とは?

わが家は、40代半ばの夫婦と子ども二人(小3、小1)の家族です。 周りの子どものお友達は、持ち家の人が多いですが・・・ わが家では、あえて家は持たずに、賃貸住宅(築28年の団地)の暮らしをしています。 その理由は・・・ 「お金も、住む場所も、スペ…

片づかない家の、一番の原因は?

「部屋が片付かない」「物がごちゃごちゃして、落ち着かない」 そんな風に悩んでいる方がいたら、まずは「使っていないもの」を手放してみてください、とお伝えしたいです。 「ものの数を減らす」ことで、簡単に部屋が片づけられるようになります。 片づかな…